風邪に効果抜群のPL顆粒と副作用による失敗談

以前、風邪をひいて病院を受診した際にPL顆粒を処方されました。

PL顆粒は総合感冒薬で、風邪による発熱・鼻水・咽頭痛・咳嗽などを和らげてくれる効果があります。

病院で処方される一般的な薬ですが、風邪そのものの菌をやっつけてくれるわけではなく、風邪に伴う症状を和らげてくれるための薬だそうです。

風邪の原因(ウイルス性など)がわかっている場合には、抗生剤が一緒に処方されるそうです。

(編集部注:ウイルスに抗生剤は効きません。)

また、胃腸の弱い人は胃薬を併用したり、妊娠・授乳中の方は医師への相談が必要になります。

PL顆粒は見た目は透明の包装袋に入っていて白色の顆粒です。

漢方薬とは少し違っていて、わりとサラサラした柔らかい粒でした。

PL顆粒は風邪薬なので苦くて飲みずらい薬を想像していましたが、実際は、ほのかに甘くて口の中でスッと溶けてしまうような内服しやすいものでした。

PL顆粒を内服してみて、効果の方はビックリするほど私にとても合っていたようで、あっとゆうまに鼻水も咳も落ち着き、効果的に不快な症状を軽減させることができました。

しかし、PL顆粒の副作用の1つである「眠気」が強くでてしまい、内服してしばらくすると、車の運転も出来ないほどの眠気に襲われてしまいます。

まだこのPL顆粒のの副作用を確認していなかった頃、友人との約束をしていながらPL顆粒を内服してしまい、あまりの眠気に約束を断ってしまった出来事があったのを今でも覚えています。

そのため通常は1日3~4回食後に内服するよう医師に言われるのですが、私はこのPL顆粒を飲むときは夜や外出などの予定の無い時のみに服用するようになりました。

私は自覚している副作用は眠気のみですが、その他にも吐き気や口渇、発疹や喘息発作に重篤な場合だとショック症状や意識消失なども起こりうるそうなので、どの薬でも言える事ですが、ただの風邪薬と安心しきらず、その薬の効果や副作用よしっかり自分でも確認し意識することが大切なのだと感じました。

(千葉県 M.Aさん)




苦いけど風邪によく効くPL顆粒

風邪を引いたとき病院に行くと必ずといって良いほどPL顆粒が処方されます。

わたしはここ10年で数回引っ越しており、その度に病院も変わったりするのですが、風邪の時はいつもPL顆粒を処方されるので、風邪薬といったらこのPL顆粒です。

家族もよく風邪の時はPL顆粒を服用しています。

わたしはいつも風邪は引きはじめに即効、葛根湯を服用し、寝るようにしています。

だいたい葛根湯で風邪はひどくりません。

しかし、熱や気管からタンが絡むような咳が出るようになったら内科に行っています。

葛根湯は引き始めにはよく効くけど、引き始めというのは風邪の症状が首より上にとどまっている時で、気管くらいまで症状が降りてきてしまったら即効性がそんなにないと聞きました。

なので、首より下に症状が出ている時はなんだかんだ病院にいった方が治りが早い気がするので、わりとすぐ病院を受診します。

するとだいたい抗生物質とこのPL顆粒、あとは症状に応じて解熱剤や炎症止めや鼻つまりの薬を出されるのですが、治りが早く感じるということはPL顆粒はよく効いているんだと思います。

抗生物質で原因のウイルスを殺しているのも早く治る理由かとも思うのですが、PL顆粒でぼんやりしたり何となくもやもや具合が悪い症状が抑えられるのはかなりありがたいです。

ただ、PL顆粒は味が苦いです。

わたしはがんばって服用していますが、薬が苦手な家族はお薬飲めたねのようなゼリーに包まないと飲めないようです。

わたしも気分が悪い時はたまにゼリーで服用しています。

味に加えて粉薬というのも飲みにくい気がします。

効果はあるし薬は本来苦いものなので、ある程度は仕方ないかとは思いますが。

以前苦いという話をしたらPL顆粒と同じ内容の薬で錠剤のものを処方してくれたことがあります。

結構大きい錠剤だったので、苦いときはゼリー使用で粉薬の方が飲みやすいと思いそれっきり錠剤は服用していませんが、人によっては錠剤の方が飲みやすいのかもしれません。

(長崎県 ふわふわさん)




風邪をひいた時はPL顆粒が一番効果があります

私がいつも風邪をひいた時に飲む薬として、PL顆粒があります。

PL顆粒は、最初に病院を受診した時に処方をしてもらいました。

風邪症状としては、熱、咳、鼻水がありました。

また体がとてもだるいということがあったのです。

そのため、病院を受診してPL顆粒を処方してもらったのです。

その時、飲んで直ぐに風邪が治ったので、とても良い薬だと思っています。

実は、ほかの病院を受診した時、漢方薬を処方してもらったことがありました。

医師は、じっくりと効くので、3日間飲んで下さいということだったのです。

ところが、その漢方薬を飲んでも効果を感じることがありませんでした。

その結果、その病院を受診することをやめて、PL顆粒を出してくれるところにしています。

風邪をひいた時には、直ぐに治したいという気持ちがあります。

そんな時、ゆっくりと治すことなんてできないのです。

そのため、直ぐに効果を期待することができるPL顆粒が一番です。

そのことから、風邪をひいた時には、PL顆粒を処方してもらう病院を選んで受診をするようになりました。

市販の薬でPL顆粒と同じ成分の薬を、探したことがあります。

そして薬剤師さんに聞いたところ、同じモノはやっぱりないとのことでした。

そのため、病院で処方をしてもらうことしかないのです。

そのPL顆粒を飲むと、とても眠たくなります。

それは、運転をすることができますが、できればそのような事をしないほうがいいと思うほど眠たくなります。

PL顆粒の副作用とすれば、その症状が一番ですね。

そのほかの副作用としては、感じたことはありません。

むしろ、直ぐに効き目を感じることができるので、風邪を治すにはこれしかないと思っています。

家族にも、PL顆粒が一番であると伝えています。

そして直ぐに治る薬であると、話をしています。

(香川県、ゆうさん)




市販品のPL顆粒はありますか?

注目

PL顆粒は私が風邪をひいたときに行きつけのお医者様から処方してもらう風邪薬です。

PL顆粒

ただいつも行く病院がお休みの時は処方してもらえません。

救急病院に行くほどでもないし、、、

そこで、市販品のPL顆粒か、PL顆粒に似た市販品が無いか調べてみました。

PL顆粒の成分はサリチルアミド(270mg)、アセトアミノフェン(150mg)、メチレンジサリチル酸プロメタジン(13.5mg)、無水カフェイン(60mg)だそうです。

これと同じ成分、または似た成分のお薬は残念ながら無いようです。

でも、PL顆粒を通販で販売しているサイトを見つけました。

ファミリーファーマシーグローバルというサイトです。

https://www.triple-farm.com/sg/

値段は100包で2420円、送料込です。

シンガポールからの個人輸入のサイトです。

支払いはクレジットカードや日本の銀行振り込みでOKのようです。

海外からなので到着までに10日ぐらいかかるようです。

病院に行くと、保険が効くの安く買えますが、薬代以外に診察代などがかかる上、待ち時間が長いので、

常備薬として購入しておいたらいいかと思いました。

>>PL顆粒の通販サイトはこちら




風邪をひいてPL顆粒を処方してもらいました

風邪をひいた時、内科を受診しましたが、その際に微熱があり咳も少しでるので症状を伝えたらPL顆粒を処方してもらいました。

PL顆粒は朝昼夜と1日3回飲むように処方されましたが、どうしても眠くなるので朝と昼は休日以外は飲むのを控えるようにしました。

夜は逆にグッスリ寝れるのでPL顆粒を飲むと、体もスーッと寝る体制に入るので過ごしやいですし、とても良いです。

風邪を少しひいて会社へ出勤する場合には、PL顆粒を飲んでいると仕事中も眠くなるので、仕事に集中できないので飲むのは控えるようにしています。

PL顆粒は風邪の症状が出た時、総合感冒薬のような役目をしていると先生がおっしゃっていたので、少し風邪気味だな〜と自分で感じるような時は夜飲んで寝るようにしています。

風邪をひいた時はしっかりと体を休ませることが大事なので、しっかりと休息して体をリラックスさせることが重要だと実感しているので、このPL顆粒はとても良い効果を発揮する薬だと実感しています。

熱が出た時は、体も火照っているのでなかなか寝付けない状態が続きますが、PL顆粒を飲んでいるとスーッと眠りに入れるので体が自然と馴染んでいくのは自分に合っているな〜と実感しています。

風邪で体が辛い時や熱が出ている時は1日3回きちんと飲むようにしているので、体もリラックスしてよく寝るので回復が早いのは何かと助かります。

体がいつも緊張している状態が続いていると風邪も治りにくいので、PL顆粒を飲んで体がゆっくりとリラックスできるのは、何かと安心できますし、しっかりと体を休めることができるので風邪の状態も次第に回復して良い方向へと向かっていくのが自分でもわかるので何かと嬉しく感じます。

(神奈川県、たまこさん)




PL顆粒強い効果はないけれど、大きな副作用もない風邪薬。

実は私は、潰瘍性大腸炎という大腸の難病(国から特定疾患に指定されています)にかかっており、アセトアミノフェンやイブプロフェンといった、いわゆるよくあるタイプの市販薬を飲んでしまうと、大腸にダメージを食らわしてしまうので良くない、ということで、治医と相談した結果、「PL顆粒ならいいよ」と言われ、風邪を引いたときにPL顆粒を飲んでおります。

PL顆粒の効果のほどは、正直、「さほど・・・」という感じがしなくもないです。

ただ、私の主治医がおっしゃるには、「風邪ってねえ、薬で治すものじゃなくて、『自分に本来備わっている、自然治癒力』で治すの。薬は鼻水や発熱、せきや関節の痛みなんかのつらい症状を緩和する目的で使用されるのであって、風邪そのものを治すわけではないのよ」と言われ、なるほど、と思っております。

そしてこの、「自分に本来備わっている、自然治癒力」を高める役割をしてくれるのが、このPL顆粒という薬であり、PL顆粒の効能であるとのことです。

ただそういう意味では、強い効果もないけれど、大きな副作用もないということになりますね。

確かに、インフルエンザなどの特定のウイルス性の病気であれば、ウィルスやばい菌をやっつける薬が直接効果を発揮するものもありますが、一般的な風邪というのは、結局は自分で治すものなんです。

高齢者や小さなお子さん、妊婦の方、そして私のような特殊な病気をお持ちな方などは、服用に気をつけないといけない薬もありますが、このPL顆粒については、それらの方でも安心して服用することができるということです。

ちなみに「顆粒」ですから、錠剤などのように誤飲してしまうケースはほとんどないでしょうし、そういった意味でも、「万人に優しい風邪薬」だといえるのではないでしょうか。

(兵庫県 わびさび48さん)




風邪を早く治したい時はPL顆粒処方してもらっています。

風邪を引いた時、かかりつけの内科でいつもPL顆粒を処方してもらっています。

PL顆粒は他の炎症を抑える薬や胃薬と一緒に処方されることが多いです。

普段は、せき、鼻水、のどが痛い、等のいわゆる普通の風邪の時、家で薬局で買った市販薬の風邪薬を飲み様子を見ています。

それでも良くならない時や、早く治してしまいたいときは、病院に行ってPL顆粒を処方してもらいます。

個人差はあると思いますが、私はPL顆粒を飲むと、ものすごく眠くなってしまいます。

ですので、ゆっくり休める環境を整えて「今日は治すぞ!」という日にPL顆粒を飲んで、安静にして一気に治してしまいます。

反対に、大事な仕事や予定がある日には、とにかく眠くなってしまい心配なので、PL顆粒を飲むのを控えたりしています。

PL顆粒を飲むと、どうしてもからだが休む態勢をとってしまい、普段のように活動することが困難になってしまうからです。

この点は、個人差はあると思いますし、PL顆粒の良い所とも言えると思います。

個人的にはPL顆粒の眠くなる成分のおかげで、昼間でも眠気がきて安静にしていられるので、結果早く治せる点が一番気に入っています。

せっかく風邪を治そうと横になっても、咳鼻水などで苦しくて眠れなかったり、ついスマホをいじってしまい安静にしていられない時などは、特にPL顆粒の効果を実感しています。

PL顆粒は処方される薬の中では比較的安価である点も魅力的です。

病院に行かないと処方してもらえないので診察代はかかりますが、普通の風邪でもだらだら続くとつらいものです。

病院に行き、大変な病気ではないことを確認し、PL顆粒を処方してもらい、PL顆粒を飲めば治ると安心してゆっくり休んでいることが、私の風邪を早く治したいときのセオリーとなっています。

(福岡県 SMILE3さん)