風邪の症状の緩和にPL顆粒が処方されます。

PL顆粒は、風邪の時にお医者さんから処方される白い粉薬です。

わたしの場合
「先生風邪でしんどくて、困っています。」
とかかりつけの医院に行きましたらば、先ずはPL顆粒を処方されます。

そして、その症状に応じて、抗生物質や、咳の薬、鼻水の薬、処方されます。

PL顆粒はアセトアミノフェンなどの成分が入っている、総合感冒薬です。

強い薬ではありませんから、安心して服用できるお薬です。

味も、お水で飲みましたらば、特に支障はありません。

ただ、顆粒ではなく、錠剤で有った方が飲みやすいな、といつも思っています。

PL顆粒は、ひどい病の時に飲む薬ではないと思います。

高熱でありましたら、PL顆粒よりも、アセトアミノフェンや、ボルタレンの方が、症状の緩和に優れています。

お医者さんが、最も軽く出してくれるお薬の一つがPL顆粒なのかもしれません。

風邪の症状がひどくなる前に、飲んでも良い、という市販薬のイメージに近いと思っています。

クリニックによって処方は異なります。

以前はPL顆粒と抗生物質を処方されるクリニックへ行っていました。

しかし、最近よく行きますクリニックでは、ボルタレンと抗生物質を処方されます。

しんどい病が、ちょっとしんどくなくなる薬です。

何故ならば、ボルタレンは、最もきついと言われている痛み止めの一つなのです。

これを毎回処方してくるクリニックが良いクリニックだとは、実は思いません。

もう行かないでおこうと思いながら、ついボルタレンの処方を受けてしまうのです。

だって、楽になりますから。

しかし、胃腸の調子が悪い時には、ボルタレンばかり飲んでいても良いことはありませんから、PL顆粒を処方されていたクリニックの優しいドクターが懐かしくなります。

(大阪府 佐知子さん)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ