カロナールの市販品が格安で購入できる!

カロナールの有効成分(アセトアミノフェン)が含まれている市販品(タイレノール)が通販で格安で買えます。

商品名:タイレノール(Tylenol)500mg 【1箱200錠】
内容量:1箱200錠
発送方法:国際書留郵便
在庫場所:タイ
販売価格:30錠(小分け) 1,254円 ($11.00)
     100錠(小分け) 1,710円 ($15.00)
     1箱(200錠) 2,850円 ($25.00)
製造販売会社:janssen-cilag社
販売サイト:オオサカ堂

>>カロナールの市販品の購入はこちら

私にあった解熱鎮痛薬カロナール

私はある時風邪を引いて、熱が38度以上あったので病院で解熱剤としてカロナールを出されました。

私は喘息持ちのため市販の解熱剤は飲めないのと病院で処方される薬でも、飲める薬と飲めない薬があるらしく、病院では大抵ロキソニンかカロナールを出されています。

帰宅して、すぐにカロナールを飲んだところ、ロキソニンほど即効性はなくても緩やかに優しく、ちゃんと熱を下げてくれました。

また後日カロナールについて調べたところ、カロナールは副作用もほとんどない薬だったらしく、その時は吐き気もあったため胃にも優しく効いてくれたのではないかと思っています。

そして更に時が経った、ある時、私は生理が来て軽く頭痛を起こしました。

その時、前に風邪を引いた時のカロナールがあることを思い出し、もう一度カロナールについて調べると、カロナールは頭痛にも効果があるということがわかり、その時はカロナールしか飲める薬がなかったので、試しに飲んでみることにしました。

すると、この時も即効性はなかったものの40分経ったくらいから徐々に効いてきたのがわかり、緩やかに効いて気がついたら痛みもなくなっていました。

私の場合、そこまで痛みが強くなかったのでカロナールで大丈夫だったのだと思います。

カロナールはロキソニンとは違った効き方をするみたいで、簡単に説明すると、鎮痛効果自体はロキソニンの方が高く、カロナールは症状の出はじめや、軽い症状の時に使うように使い分けるといいそうです。

いざという時に役立つので病院でカロナールを出してくれるなら、なるべく多めにもらっておいた方がお得だなと思いました。

病院で処方されるカロナールと同じ成分の解熱鎮痛薬が市販薬として、販売されたら嬉しいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ