ホクナリンテープが市販で買える

ホクナリンテープは処方薬で、市販されれていません。
そのため、薬局やドラッグストアで購入することはできません。
しかし、どうしてもホクナリンテープが欲しい方は
海外の個人輸入サイトをおすすします。
わたしがつかっているのはファミリーファーマシーグローバルという会社で、日本の薬をシンガポールから日本の発送している会社です。
サイトも日本語で、日本のクレジットカード、銀行振り込みで支払い可能です。

商品名: ホクナリンテープ2mg 28枚(1枚×28)
販売価格:7,551円(送料無料、消費税なし)
在庫場所:シンガポール
製造元:マイラン製薬 株式会社
販売元:マルホ 株式会社

※0.5mg、1mgも販売しています。またジェネリックのツロブテロールテープも販売しています。

>>ホクナリンテープが市販で買える通販サイトはこちら

ホクナリンテープの効果

季節の変わり目になるとアレルギー体質の私は、喘息の軽い症状が出てしまい、咳止めとホクナリンテープを病院で処方されています。

初めてホクナリンテープを処方された時には、このテープを貼るだけで本当に呼吸が楽になるのか何だか信じられませんでした。

しかし、夜お風呂上りにテープを貼って寝ると何だか呼吸が楽になり、夜中に咳き込む事もほとんどなく朝までぐっすりと眠る事が出来ました。

ホクナリンテープは、1枚のシールを貼るだけで24時間効果が持続出来るので張り替える必要がありません。

ホクナリンテープの効果は24時間ありますが、咳が出る時に息苦しさがホクナリンテープを貼ったからすぐに無くなるというものではありません。

テープを貼ってからゆっくりと皮膚にその効果が広がって来るので、4時間くらい効果が出るまで掛かります。

そのため夜間は咳がよく出るので、寝る数時間前ぐらいにホクナリンテープを貼ったらちょうど夜間に出る咳の時に息苦しさが少し楽になります。

ホクナリンテープを貼り始めた当初は、効果が出るまで4時間ぐらい掛かる事をよく分かっておらず時々寝る前にテープを貼ってしまい、咳で苦しんだ事もあります。

その時には、効果が出るのに時間が掛かる事を知らなかったので、ホクナリンテープが効かなくなったのだと勘違いしてしまいました。

しかし、次の診察の時に担当の医師に聞くと効果が出るまで4時間から6時間程度掛かるので早めにテープを貼って夜間の咳が出る時に効果が出るようにしなければいけない事を知りました。

それからは、きちんと夜間に咳が出て自分が一番身体がきついと思う時に効果が出来るよう計算してホクナリンテープを貼るようになりました。

ホクナリンテープは喘息などがある人にとっては、貼るだけで息苦しさを取り除いてくれる効果があるので、特に夜間に辛い時には本当に助かります。

ただし24時間貼っておくので、肌の弱い人は同じ場所に貼っているとかぶれてしまいます。

肌が弱い私は、毎回のように貼る場所を変えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ